【引っ張り防止】おすすめ!イージーウォークハーネス【大型犬にも】

大型犬の引っ張る力はすさまじい!

飼い主にとっても、愛犬にとっても快適な散歩を実現するためにも引っ張り癖は早々に直したい

その訓練の過程で僕も愛用した“イージーウォークハーネス”を紹介します。

目次

我が家での実例

ジャーマン・シェパードを迎えるにあたって、当時心配だったことのひとつが・・・。

大型犬が引っ張る力ってどんなもんなんだろう。

周りで大型犬とすでに暮らしていた人たちが口を揃えて言う、

「一度は必ず引きずられてズッコケる」

と。

男の僕はまだ良い。
が、妻が散歩をしているときに体重30キロの大型犬が突然引っ張ってしまうと確実に転んで怪我をしてしまう。

そんなことになる前に、幼犬の頃から引っ張り癖を無くす訓練をしておかなければ・・・。

結果をとりあえず言っておくと、サマンサは現在は“ほぼ”引っ張り癖は無くなっている。

家を出た直後はどうしても楽しい気持ちが先走り少しだけグイグイ行ってしまうのと、サマンサは散歩開始から数分以内に排便を済ませたい性格で、トイレポジションを探すのになぜか急ぎ足。(我が家ではウ〇コムーブと呼んでいる)

事が済んだ後はスッキリした顔で、リードを引っ張ることもなくちゃんと傍を歩くようになる。

ここまで落ち着きを持つようになるまで、

訓練開始から約1年かかった。

その間、やっぱり引っ張り癖があったわけで・・・

体重がまだ20キロほどの頃から、僕でも本気で引っ張られると身体が持っていかれそうになることも。

どうにかできないものかと色々調べていると、引っ張る力を抑制出来て訓練にも使えそうなハーネスを見つけた。

とても良い!PetSafe社イージーウォークハーネス

それがこちら。

PetSafe社のイージーウォークハーネス

ぱっと見、ごく普通のハーネスだけれどひとつ違うところがリードをつなぐ位置

実際にイージーウォークハーネスを付けたサマンサ。

このようにリードを胸の辺りに繋ぐようになる。

犬が強く引っ張ると、胸の辺りのベルトがキュッと締まって両前足が動かし難くなり自然と引っ張るのをやめるという仕組み。

そして引っ張るのをやめたら褒めてあげる。それを繰り返して引っ張り癖を直そう!というもの。

注意!

写真ではサマンサは洋服の上にイージーウォークハーネスを付けていますが、ベルトが締まる感触が身体に伝わることが大切なのでできるだけ裸の上にハーネスを装着することをお勧めします。

良かったところ!

実際に使ってみると実感。

首輪や背中にリードを付けるタイプだといつまでも引っ張ろうとしていたのに対し、僕が立ち止まるとサマンサも立ち止まるといった感じ。

公式の説明にも書いていたように、胸部分のベルトが閉まるせいで歩きにくくなっていて、それが嫌で立ち止まっている様子。

人間で言うと、骨盤の下あたりをきつく縛られた状態、なのかな。確かに歩きにくい。

引っ張りだしたら静止、やめたら褒めてあげる。を繰り返しているとだんだん引っ張る力が弱まってきたのを実感した。

それと予定外の副産物として、別のハーネスを使っていても僕が立ち止まると一緒に立ち止まるようになり・・・ほぼ引っ張り癖がなくなったのは1歳半ごろ。

犬の精神年齢的には3歳ぐらいまでは子供とはよく言うし、他にも犬種の特性であるとか、そもそもサマンサの性格だったのかもしれないけれど比較的早いうちに落ち着き始めたのではないかと思う。

どちらにせよ、このイージーウォークハーネスが一役買ってくれたのは間違いない!

犬の思考回路的にも、

歩きにくい→立ち止まる→なんか褒められた!とシンプルで、

引っ張ると怒られる。

というより

立ち止まるとなんか褒められた!

と、楽しく訓練ができるので覚えも早いのかも。

それと首輪にリード付けた状態で引っ張ると首が締まってしまうが、その心配もない。

サイズの選択肢は小型犬から大型犬までOK。
値段もショップにもよるが4000~5000円とそこまで高くないので、
仔犬から成犬まで体の成長に合わせた買い替えもしやすい

イマイチだったところ・・・

唯一欠点があったとすると、犬が突然後ずさりをするとハーネスがすっぽ抜ける事が何度かあった。

幸いサマンサは幼いころからリードを誤って手放した場合でもひとりで走り出してしまうという事はなかったので大事にはならなかったが、そうでない子はハーネスが外れて車が走る道路に飛び出してしまう、なんてことが起こりかねない。

サマンサは数回それが起こった後、念のためイージーウォークハーネスの上に別のハーネスを装着して固定するようにしていた。
その後イージーウォークハーネスがすっぽ抜ける事は起きていない。

ただ、重ね着をすると金具が身体に食い込んでしまうことがあるかもしれないので、重ねる際にはしっかりと確認をすることをお勧めします。

まとめ!

引っ張り癖がある子にはもちろんおススメだし、無い子にも不意に強く引っ張ってリードをつないでいた首輪が首に食い込んで怪我をする、という事もなくなるのでどんなわんこにでもおススメのハーネスです!

値段も4000~5000円とリーズナブルでサイズの種類も豊富

これから始めて犬を迎えるという人にも、どんなハーネスを買えば良いのか迷ったらとりあえずイージーウォークハーネス、と言えます。

ただし!

頭に入れておかなければいけないのが、このハーネスを付ければ自然に引っ張り癖が無くなるというわけではなく

ちゃんと「引っ張ると良くないことが起きる」

から、

「立ち止まると褒めてもらえる!」という事を皆さんが上手く愛犬に伝えてあげるための道具でしかないという事。

「説明書に書いてある通りにやったけどダメだった」

ではなく、説明書や当ブログに書いていることは参考程度に留め、愛犬の性格をよく見て自分たち流の勉強方法を探すことが正しいと僕は考えています。

それは引っ張り癖の訓練だけでなく、他のどんな訓練でも同じことが言えるはず。

この他にも、過去に役立ったグッズや現在でも活躍しているものがたくさんあるのでどんどん載せて行こうと思います!

ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次