2021年初泳ぎ

毎日通っている河川敷。

浅瀬を歩くぐらいの事はしてもしっかり泳いだことはまだ今年に入ってからは一度もない

せっかくの連休ということで、2021年初の川遊びに行ってきた!

目次

仁淀川 波川公園

我ながら…恵まれた環境で過ごしているんだなと思う。

自宅から最も近所にある川は高知県が誇る、全国的にも知名度上昇中な仁淀川

川幅も広く水質もとても綺麗で連休シーズンでなくても週末になると場所取りが困難なほどの人であふれかえるほどの人気ぶり。

もちろん、愛犬を連れて遊びに来る人も沢山いる

仁淀川は全長も長く、川遊びに適した環境が整った場所も所々点在していて、もっともポピュラーなのが高知県いの町にある波川公園

仁淀川沿いにあり、名前の通り遊具なども設置されていてBBQなどができるスペースや、手ぶらで来ても売店や自動販売機もあるのでとても便利。

駐車スペースも多めに確保されているのでよほどのことが無い限り停められないという事は無いはず。

とはいえ

人気のスポットという事でいつ行っても沢山の人で賑わっているので犬連れとなると少し周囲に気を使ってしまって落ち着かないかもしれない。

そこで…

八天大橋下の河川敷

波川公園からさらに南に車で15分ほどにある、八天大橋という橋の下にある河川敷。

サマンサはいつもここで遊んでいます。

こんな感じで、このエリアは膝上から腰ほどの浅瀬が広く続いていて泳ぐのが苦手な犬でも安心して川遊びができる
※急に流れが速くなったり突然深くなっている場所もあるかもしれないので要注意!!

ここも人は少なくは無いものの、波川公園程ではないのであえてこちらを選ぶのもアリかも。

デメリットを挙げると・・・

まず駐車場が少ないので夏場など込み合う時期は河川敷にそのまま車で入る必要が出てくる。

まぁでも、握りこぶしサイズの石が多く、いつもたくさんの車が通過して地面が踏み固められているので四駆でなくとも極端に水際に近づかなければスタックの危険は無い…と思う
毎日通っていますが今のところはスタックしている車両は見たことが無い。(責任は取りません

あと、自販機や売店などが無い
長居する予定がある場合は前もって持ち込むことをおススメ!
もちろんゴミは持ち帰ること。
天王方面に5分ほどの所にコンビニがあるのでいざというときはそちらで。

デメリットはそんなところだろうか。

トイレは一応堤防を上がり、道路を渡ったところにあるのだけれど…
共用トイレがひとつあるだけなので込み合う時期は順番待ちになりがちなので注意

話は戻り、2021年初泳ぎのサマンサ。

なんだか去年より泳ぐのが下手くそになっているような。

泳ぐというより跳ねている。

去年は祖母の家の側を流れる川で上手に泳ぐ姿を見せてくれていたのだけれど…。

何度か通えば泳ぎの感覚を思い出してくれると信じよう。

サマンサはそもそも泳ぐことがあまり好きではなく、浅瀬を走ったりすることはあっても脚が届かないようなところには行きたがらない

なんだけれど、僕が溺れたふりをすると助けようとしてくれているのか必死に傍まで泳いできてくれる

サマンサに連れられて岸まで歩いていると、「ちゃんと着いて来てる?」と確認するかのように何度も後ろを振り返る姿がとても愛らしい

岸に到着すると安心して、いつものサマンサが大好きな石探しを始める。

お気に入りを見つけると穴を掘って隠そうとする徹底ぶり。

好みの形、大きさがあるようで、一度気に入るといつまでも放そうとしなくなる。

泳ぎが苦手なくせにこんな状況でも放さない!

サマンサが仔犬の頃によく石ころで遊ばせていたものだから変な癖がついたのかな。

サマンサももうすぐ3才。
身体は立派な大人なんだけれど精神面はまだまだお子様なご様子。

今回は川だったけれど、自宅から海も近くにあるのでもう少し涼しくなったら海辺に連れてってやろう、なんて考えています。

それまでに、もう少し泳ぎの練習をしておかなきゃね。

ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる