サマンサの従妹がどんどん有名になる話


先日こんな投稿をした。

サマンサを自慢するためのTwitterアカウントを作ったら、ある動画が10数万も再生されたよー!という話。




そして今回、同時期にTwitterを開設したサマンサの従妹、ダルメシアンのケイト(妻の妹夫婦の子)のアカウントの様子がこちら。

・・・



また変な声が出た。


確かに僕もその動画を投稿したら反響ありそうだーなんて話をしたけども、これほどとは思うはずもなく…。


文字通り桁違いの数字!

恐るべし姪っ子。

ちなみにアカウントはこちら

https://twitter.com/megumesian?s=21



翌日昼過ぎにどんなもんだろうとケイトの投稿を見てみるとすでに“20万”という数字が見えて僕の脳が一瞬活動停止


再起動と同時に驚きのあまり椅子から転げ落ちそうになった

妻に告げ口しようにもまだお互い仕事中。


僕の方が1時間仕事終わりが早いから、定時で直帰しサマンサを連れてお散歩ついでに妻の職場へGO。
職場から出てきた妻を捕まえ報告。

妻、周囲に人が居るのも構わず絶叫。
そしてケイトママからのTwitterからの通知が止まらなくて恐いというLINE

阿鼻叫喚である。

そのときにツイッターで最もRTされている投稿ランキングで1ケタ台に入ったとかなんとか…。



まさか身内でこんなことが起きようとは思わない。

その調子でどんどん再生数やいいね・RT数は伸び気が付くとこの数字。


もう言葉が出なくなっていた。

こりゃそのうちブロガーから取材やなんならテレビ局からも来るだろうな、と思っていたらやっぱり来たらしく。

わんこ系の記事を書いているサイトからだったり、
なんならレビ〇日の情報番組にも電話取材付きで紹介されたりもした。



そのうちアニマル系バラエティー番組に出演してサンドウィ〇チマンとかにアテレコされるんだきっと。


10数万再生で鼻高々だったサマンサ。

首周りの毛が集中的に抜けて襟巻が消滅した



従妹の化け物っぷりに完全敗北しストレスで全身の毛を禿げ散らかす(※ただの換毛期です)


いやいや、10数万でもとんでもない数字であることには違いない。見てくださった皆様、ありがとうございます。

ケイトママが取材の際にサマンサアカウントの事に触れてくれていたらしく、そのおかげでここ数日Twitterにたくさんコメントをくれたりこのブログを見てくれる人が増えたり…ありがたい。

そのうちまたケイトファミリーと一緒にどこかに旅行に行くこともあるだろうから、そのタイミングでどんどんツーショットの写真・動画を撮らせてもらってケイトブームに乗っからせてもらおう。

ちなみに

先日Youtubeに投降した動画にもちょろっとケイトが映っているのでよかったら探してみてください。(宣伝)



しかし…

サマンサの顔面マッサージの動画が盛り上がった時にも思ったけれど、
自分たちとしてはごく普通の日常を載せただけのつもりなんだけどそれが世間には面白おかしく見えていたわけで。


大型犬、それもシェパードダルメシアンが居る環境って客観的に見るとかなり非日常的な光景だったりするのかな、なんて。

そりゃあ、初めてサマンサがうちにやってきた日からしばらくの間は、
「うちに…ジャーマンシェパードが居るなぁ…」
と、長年の夢がかなった感動を噛みしめていたものだけれど、


3年近くにもなると、もちろんサマンサが家族になった喜びは忘れていないとはいえ、サマンサが傍にいるのが良い意味で当たり前になることは仕方がない。


そんな中僕がサマンサに対して「こいつ面白いな」と感じる瞬間といえば…人間臭さ、を感じたとき。

それこそ顔面マッサージ動画も人間臭さを感じる映像そのものだったり、
野菜入りご飯を食べさせるとグリーンピースだけ残したり



僕や妻の話すことを理解して、叱られたり褒められたりすると尻尾だけじゃなく身体中のパーツを使って喜怒哀楽を表現する様子なんかもとても人間らしい。



決して否定的な話では無いので誤解はしないでほしいのだけれど、


僕としては、サマンサを迎えたときにあまり書籍やネットで見た「正しい飼育の仕方」というのを参考にしたくないという、こだわりというよりわがままに近い接し方をしていきたいと決めていて、「ペットの飼育」というよりも人間の子供を教育するなら僕ならどうするだろう、と、考えながら接している。
まぁもちろん、人に吠えたり飛びついたりと犬として叱らなきゃいけないところはしっかり叱るけど。

普段からよくサマンサに話しかけながら過ごしていた成果か、なんとなくこう考えてるんだろうなというのが表情からも伝わるし、逆に僕の言いたいこともサマンサはよく分かっていると思う。

お風呂に入れるタイミングでグズって頑なに動こうとしなかったり、無理やり風呂に入れたせいでシャンプー中に特大の溜息を吐く姿なんかを見ていると、時々サマンサが犬であることを忘れてしまいそう。



今回大バズリしたケイトの映像も、僕の眼には「かまってほしい娘ともっと寝てたい親」の構図に見えていて、犬らしいっちゃ犬らしい、でもどこか人間の子供のようでもある、なんて姿が世間の皆様にも面白く見えたのかなーなんて思った。

サマンサもいつの日かテレビ画面に映る日が来たりするんだろうか。


もしそんなことが実現したら必ず録画して身内や友人に自慢したい!

自分でも何度も再生して繰り返し同じ映像を見るんだろうな、なんて想像ばかりが先走っております。

ではまた

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる