サマンサと乗る車探し!

注意!
この記事は大型犬にはこの車をお勧めするよ!という内容ではありません。あくまで我が家のライフスタイルを基準にしているので、もし皆様が愛犬と一緒に乗る車を探しているようなら参考になれば嬉しいです。

遡ることおよそ2年前。

個人的に人間の子供以上に色々と考えて選ばなきゃいけないんじゃないかと思う、‘’大型犬が乗る‘’車選び。もちろん乗れたら良いってだけじゃなく、高すぎる車高は降りるときに脚の負担になったり、揺れが大きいと車酔いする子だって居る。

僕はサマンサ(ジャーマン・シェパード )を迎えた当時、まだ仔犬だったのでそれまで乗り続けていたダイハツのキャスト(軽自動車)に乗っていた。

でも、犬の成長速度を侮るなかれ。数ヶ月後、バックミラーに映る窮屈そうなサマンサの姿・・・

車の買い替えを決断した瞬間だった!

目次

車探し

まずは我が家のライフスタイルから新しい車に求めるもの。

  • そこそこの悪路走行能力。サマンサを毎朝日課である河川敷まで連れて行くため。
  • そこそこの積載量。日用品の買い出しが週に1度。スーパーや薬局などまとめて行くので量が多い!
    県外移動する際も、後部座席は完全にサマンサ1人の居住空間となり荷室スペースとしては使えないのと、家族で帰省をする際にはフェレット達も一緒に乗る事になりケージも一緒に載せなければいけないので、トランクルーム単体でそれなりに容量が欲しい
  • 乗り心地。県外へのおでかけや旅行はほぼ自家用車で移動。高速道路の使用頻度が高めなので小型普通車以上の加速が欲しい。
  • 維持費小型普通車だったら税金も少し抑えられる
  • サマンサに似合うカッコイイ車!

という感じ。

車の買い替えを考え始めたのが2019年の10月ごろ。

当時発売されていた車の中から候補に上がったのが、

スズキ

 クロスビー

 イグニス

ホンダ

N-VAN

この3台。

それぞれの個人的評価は・・・

クロスビー
見た目も嫌いじゃないし、荷物も載って良さそう!でも結構揺れが大きいらしいからサマンサが車酔いしてしまいそう。

イグニス
見た目ヨシ!悪路走行性も良し!でも荷室が狭い。

N-VAN
荷室は言う事無し。可愛らしい車体で内装もわんこ仕様にできるオプションがある!ただ、数百キロに及ぶ長距離移動が多いので軽自動車はしんどそう・・・。

となった。

うーん、どれもあとひとつ、痒いところに手が届かないと言った感じ。

値段を気にしなければそりゃあルノーのカングーなんて乗れればオシャレなんだろうけど買うまではできても維持費で財布も身も心も枯れてしまう。

どうしたものか、いっその事中古で探すか、と新車を諦めようとしたところに・・・。

僕の記憶が正しければ、何の事前告知も無かったように記憶しているんだけど。

突然発売が発表されたトヨタのライズ

またSUVか!トヨタのSUVってどれも高いイメージ・・・。候補にもならないなぁ。と、思いつつ見た目がカッコよくて何となく公式サイトを見てみると・・・

あれ?思ったより安い。

装備の充実さの割りにかなり抑えられているように感じる。

なによりカッコいいじゃん!

仕事中なのも忘れて妻にLINE。

僕以上に車の知識が無い妻にスペックの話をしても仕方がないので画像と値段を報告。

ひとこと「欲しい」との返事。

ということで我が家の次の愛車となる車はトヨタのライズに決定した!

トヨタのライズに決定!

ちょうど友人がトヨタに勤めていたのでカタログを確保できるか聞いてみると、発表&発売直後ということもあり既にカタログが品切れ寸前
今すぐ貰いに行かなきゃ無くなるかもしれないけど仕事中・・・と思っていると、その日の夜にわざわざ家まで届けてくれた!

感謝感激

妻と一緒にカタログを見て「やっぱりライズが良さそうだ」と再確認。

ターボ車と言うこともあり燃費が決して良いとは言えないが、その他が燃費の悪さを曇らせるだけの良いところがたくさんあったので良しとした。

そのうちハイブリット仕様車とか出たりするのかなぁ。

その後試乗も2度させてもらい、グレードや装備を選んで本契約。

納車は3月となった!

それからなんやかんやあって数ヶ月経ち・・・納車の日を迎えた!

良い!

車体の色を最後までこのターコイズブルーベージュとで悩んだ末に前者にした。
そして使う日が来るとも思えないルーフキャリア。
これは…妻の「ただでさえ人気のライズなんだから他とは一線を画したい」という一言で装備を決定。

ちなみに僕も全くの同意見だったので特に揉めもしなかった。

納車して数時間後には初乗りしたサマンサも満足顔。
ドッグラン帰りは脚を伸ばして爆睡することができていた。

車高というか、座席から地面までの高さは決して低くは無いので、硬い地面に降り立つ際には極力抱っこして降ろしてあげるようにしている。
スロープやステップも考えたけれど出し入れも面倒くさそうだし、そのために荷室を占領されてしまっては元も子もない。

トランクルームも広々。

余談ですが、100均で売っていたヘッドレストに装着するフックがとても便利!

買い物袋をこれに引っ掛けておけば、走行中に後方から聞こえる買い物袋が倒れた音と転がる品物の音を聞かずに済む。

床板を外すと更に収納スペースが現れる。
本来はそこにスペアタイヤが入るらしいのだけど荷室スペースを優先。

ちなみに、犬を車に乗せる際にはクレートに入れてあげたほうが良いという意見もありますが、サマンサはあえて後部座席に座るようにさせています。

というのも、夏場暑い時期なんかにクレートの中に入っていると、もし熱中症などで具合が悪くなっていても気がつけなかったり空調も届きづらいのではないか、と思ったため。

バックミラーや、信号待ちで直接顔を見て様子を見られる安心感が大きいのです。

まぁ、クレートに関しては愛犬の性格にもよるところもあり…。
車が苦手な子クレートに入れてあげておいた方が安心するという事もあるので、愛犬の様子をよく観察して決めると良いと思います。

後部座席はこんな感じ。

毎日川に遊びに行くので濡れた体でもそのまま乗れるように防水シートを敷いています。

シートベルト代わりに、建設作業なんかのお仕事をする人たちが高所作業時に命綱として使うセーフティランヤードというものを付けています。(手のひらに載せている黒いベルト)
脱着が容易ながら勝手に外れることは無い優れもの。
ベルト部分が硬質のゴムになっているので、予期せぬ急ブレーキが起きても衝撃を和らげてくれます。

…当人は本当は助手席が良いんだろうけど。

さすがに助手席は危ないから後ろで我慢してね。

実際に近所の川の砂利道を走ってみた。
何度か軽自動車がスタックする姿を見たことがあるので不安だったけれど、2WDでも問題なくグングン走れる。
荷物もたくさん乗るのでそのうちデイキャンプでもやってみたい

サマンサは川に来ると水浴びせずにはいられない。生乾きの身体で車に乗る事もあるだろうと、取り外して洗うのが容易なカバーを購入。
このカバーの前に、ウェットスーツ素材で耐水性抜群!がウリのカバーを使用していたけれど、生地がそんなに丈夫ではなく1ヶ月ほどで数カ所裂けてしまった。モノ自体は確かに耐水性もあって汚れに強くとても良いモノだったので、大型犬ではなく小型〜中型犬なら本領発揮できるのかも。

耐久性を重視して今のものになりました。

実際に乗ってみて

納車から1年と半年ほど。
走行距離もすでに25000キロと、先代のキャストが年10000キロだったのに比べると乗る頻度がかなり増えている。

サマンサが来てから随分とお出かけが増えて賑やかな家庭になったらしい。

荷物もたくさん積めてサマンサも広々!
揺れもかなり少なめで僕らも快適!
燃費はイマイチだけど、ターボのおかげでスムーズな加速。高速をよく使うのでなんだかんだアリかなという印象。

何度でも言ってしまうけどカッコいい!
車の外見については実は妻の方がうるさかったりするのだけど、そんな妻も大満足。

ライズにして正解だったなと思っております。

ただ、これは我が家の生活スタイルには合っている意味であるわけで・・・。

大型犬なのか小型犬なのかで選ぶ車も違うだろうし、車が苦手でそれこそクレートに入れてあげたほうが安心できる、なんて場合は広い空間が必要になるなど、性格でも選び方が変わってくる場合もある。

これまでの僕の話はあくまで‘’参考程度‘’に留めていただき、みなさんの愛犬との過ごし方に合う車を探してあげてください。今後も、車種を問わず使えるグッズなんかを見つけたら紹介してみようと思います。

ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次